1. カーシェアリングナビTOP

掲載カーシェアリングステーション:795ステーション

掲載都道府県:
東京大阪愛知神奈川埼玉千葉福岡北海道

掲載サービス:
タイムズプラスカレコオリックスカーシェアリングウィンド・カーエコロカエブリカ

カーシェア24のホームページ 「careco(カレコ)」のホームページ カーシェアリング「オリックス自動車」を利用しよう 「ウインド・カー」のホームページ 「エコロカ」のホームページ 「エブリカ」のホームページ

2010年3月1日現在

カーシェアリングとは

カーシェアリングのはじまり

カーシェアリングのはじまり

カーシェアリングとは、
1台の自動車を、会員登録している複数の会員が、
共同で利用するという現代社会に、
フィットした新しい自動車の利用形態のことを言います。

カーシェアリングの利用者の、
ひとりひとりは、自動車を所有せず、
カーシェアリングの管理団体の会員となり、
必要な時にその団体の自動車を借りるという、
会員制レンタカーのようなイメージです。

カーシェアリングのはじまりは、
1987年にスイスの学生達だと言われ、
2006年末から現在では、ヨーロッパを中心にした、
世界18カ国、600都市で約34万8千人が、
11,700台の車輌を活用していると言われています。

日本でも、2002年頃から事業化が始まり、
短時間や、短距離の利用なら、
レンタカーより割安と言われ、注目されています。

カーシェアリングの語源は、
英語の相乗りに似ていますが、基本的には会員が、
1台の自動車を時間や分ごとに、別々に利用するので、
実際の活用の仕方は、相乗りとは異なります。

お得なカーシェアリング

カーシェアリングは、車の燃料代や、
駐車場代、保険代、車検代、税金など、
実際、車を所有していれば、個人で支払わなければ
いけない経費をみんなでシェア(分かち合う)ことで、
個人的負担を少なくできる利点があります。

都市部に住んでいると、
移動に便利な車を所有したくても、
慢性的に不足している駐車場を探すだけでも一苦労です。
やっと、見つけても駐車料金が高額だったり、
自宅や会社から遠かったり、利用できる車両に、
制限があったりします。

また、小さなお子さんの送り迎えや、
手では持ちきれない買い物をしてしまった
女性の方などは、雨の日のお出かけの度に、
タクシーを利用していたのでは不経済です。

維持費いらず、借りた分だけお支払い

そんな時、カーシェアリングの会員になっておけば、
利用状況を確認し、借りたい車が空いていれば、
借りたい時間の間、自由に利用することができるのです。

業務用車のように頻繁に使用するわけではなく、
セカンドカーとして使う場合など、
「使う時だけの使用料」で済みますので、
家計を預かる主婦にとってはありがたいですね。

車を所有していませんので、
車検が近くなって、車検代の心配をすることも
ありませんし、自分の都合に合わせて車を、
すぐに利用することができるので、
カーシェアリングは、マイカー感覚で
利用できるお得な利用法だと言えます。

また、地球的に考えても、
1人が1台車を所有するわけではありません。
複数の人数で1台の車を所有するので、
環境にも優しいカーシェアリングと言えるでしょう。
まだ、目新しいサービスということもあるかもしれませんが
今後、カーシェアリングは、ますます注目されていくでしょう。