1. カーシェアリングナビTOP
  2. カーシェアリングの基本
  3. カーシェアリングの活用場面は?

カーシェアリングの活用場面は?

活用場面は24時間365日!?

カーシェアリングの活用場面は?

では、具体的にカーシェアリングの活用場面は、
どんなところでしょう。

企業の場合

たとえば、多数の営業社員を抱えている企業では、
営業社員の数だけ車を購入維持していくのは、
経費の部分で、かなり大きな負担になってきます。
車の数だけ毎月営業成績が伸びるわけでもありません。

しかし、営業の場合、お客様から、
いきなり連絡を受ける場合も多く、その時に、
社用車がないと、契約のチャンスも逃すことになります。
ですから、何台かは随時使える社用車を用意し、
残りは、カーシェアリングで法人契約をし、
営業車として有効利用している会社もあります。
コストの面でも、仕事の面でも重宝されているようです。

主婦の場合

また、家計をあずかる主婦の方も
上手に、カーシェアリングの活用されています。
少ない買い物の時は、電車や自転車や徒歩でもいいんですが、
あきらかに大きな荷物、重い買い物をしなければ
いけないと事前にわかっていたり、
つい、買いすぎて「どうやって持って帰ろう・・・」と
困った時に、カーシェアリングの活用場面があるそうです。

携帯などで、空き状況を確認して予約すれば、
いつでも使える便利さですから、セカンドカーを購入するよりも、
カーシェアリングの方が安いんです。

休日の過ごし方

また、昼間は仕事をしているサラリーマンの方の場合、
休日の買い物や2~3時間出かける時などに、
カーシェアリングの活用場面があります。
日頃は、電車通勤で車は必要なくても、休日の短時間の
外出には、カーシェアリングが便利です。
特に雨や天候の悪い日などの外出には便利です。
旅行など長時間利用する時などは、
レンタカーを利用し、カーシェアリングとうまく使い分けて
利用されている方もいます。

今後、活用場面は益々増える

他にも、主婦のサークルで作った作品を、
展示会場まで搬入や搬出する際に利用したり、
スポーツクラブの子供達を大会会場や練習場まで
移動する手段として使ったり、
カーシェアリングの活用場面は、利用する人の
生活環境や生活リズムに応じて、いろいろ考えられます。

カーシェアリングは、24時間365日いつでも、
好きな時に、利用できますし、
いろんなタイプの車種を所有している会社もありますので、
用途はさまざまです。
レンタカーのように、わざわざ営業所に出向き、
対面予約する必要がありませんから、
この他にも、今後多くの活用場面が出来ると思います。

また、利用者も増えれば、
カーシェアリング登録会社も増え、
カーシェアリングの活用場面は益々増えていくことと言えます。